痛風の予防

サプリを持つ人

尿酸値が高いという人は痛風になってしまう恐れがあります。痛風というのは、尿酸が体の中に溜まったために結晶ができてしまい、関節に激しい痛みのある炎症を起こしてしまうという病気です。強い痛みが伴うため痛風の発症や再発を予防したいという人は少なくありません。痛風を予防するためには、毎日の食事で尿酸を生み出すプリン体を多く取らないことが大切になります。プリン体というのはビールに多く含まれているもので、肉や魚といった一般的な食品にも含まれています。食品から摂取されるプリン体は全体の2割り程度で、残りは体内で作られているのです。プリン体は基本的に尿としてほとんどが体外へ排出されるのですが、そのバランスが崩れてしまうと血中に尿酸が溜まってしまいます。尿酸値が高いという場合はそのバランスを整えるために、尿酸の生成を抑える成分を探して摂取する必要があります。

痛風に効くサプリメントというものにはアンセリンという成分が入っています。アンセリンというのは疲労回復にとても効果的なもので、活性酸素を抑える役割も果たしてくれます。さらに、尿酸の生成を抑制するという効果もあるので、痛風の予防や再発に効果が期待できるのです。また、アンセリンは尿酸を体外へ排出しやくす知てくれるという効果もあります。アンセリンが含まれているサプリメントを飲む場合は食後30分以内に摂取するといいでしょう。なぜなら、アンセリンはアミノ酸系の成分なので食事と一緒に摂取することで体内へ吸収されやすくなるのです。また、痛風予防のサプリメントは効果を得るまでに三ヶ月程度は飲み続けるようにしましょう。アンセリンを含んだサプリメントの場合はある程度効果が実感できるようになったら服用をやめても効果が続くといいます。